チーム-6
QR
携帯にURLを送る
  • 愛媛県 四国中央市 工務店の武村工務店トップへ ->   -> 風水の起源

    風水の起源

    KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

    4000年以上前 古代中国(漢)の時代から、堪興(かんゆ)と呼ばれていた地学、天文学を 今から約1700年前に郭璞(かくはく)という学者が著した「葬書」の中で記述されている

    「気 乗風則散 界水則止」 (気は風によって散り、水によって集められる)が現代の風水学の語源と言われています。

    この時代の風水は主に地の理を得ることが目的で、風に吹きさらされる場所ではなく、背後に山がありそして横殴りの風を防ぐために左右に小高い山があれば良い。

    さらに前面に水があれば、そこに住む人と動植物にとって格好の土地であると言った考え方なのです。

    この風水が日本に渡ってきたのは奈良時代だと言われ、さらに平安京への遷都の際、陰陽師によって風水が使われたと言われています。

    現在、風水 家相 気学等、多数の書籍 情報があふれており また、情報に一貫性が無いため戸惑われることも多いと思います。

    このHPでは現代の住宅事情を踏まえての風水、家相をお伝えしたいと思います。


    愛媛県 四国中央市 工務店の武村工務店トップへ ->   -> 風水の起源

    愛媛県 四国中央市の工務店なら武村工務店におまかせ

    © 2007 家を建てるなら愛媛県 四国中央市 工務店の武村工務店で決まり!

    Powered by Movable Type